初めての方はコチラ

人気ランキング
  1. ダンディハウス
  2. TBC
  3. エルセーヌ

脱毛箇所で選ぶ

ヒゲの脱毛について

脱毛で失敗しないために

ヒゲ脱毛できるエステ

リンク集

サブメニュー

関連サイト
 

Point 3 脱毛の範囲を明確に

【ヒゲ脱毛で後悔しないためのポイント】

(ポイント3:脱毛の範囲を明確に)


ヒゲの脱毛では、どこを残してどこを脱毛するのかと、どの程度の脱毛を行うかを決めなければなりません。

脱毛する場所や脱毛の程度によって、使える脱毛法と使えない脱毛法があるからです。


例えば、ヒゲを全部脱毛するのなら、どんな脱毛方法でも基本的に対応可能です。

ヒゲが濃くて、剃った後が青く見えるのを何とかしたい場合には、残すヒゲと脱毛するヒゲを決めて、1本ずつ抜いて間引きます。

ヒゲを伸ばしていて、毎日の手入れを簡単にするためにムダ毛だけを脱毛すると言う場合には、どのようにヒゲを残すのかによって、1本ずつ抜いたり、まとめて脱毛したりと使い分けることもあります。


レーザー脱毛や電気脱毛は1本ずつ脱毛することが可能なピンポイントの脱毛です。

脱毛クリームやワックス脱毛は、広い範囲をまとめて脱毛しますので、ヒゲの残し方をデザインすることが難しいです。

光脱毛はある程度の面積に対して光を当てるので、ピンポイントの脱毛とまとめて脱毛する方法の中間と言ったところでしょうか。


やり直しができない場合もありますので、どこを脱毛し、どこのヒゲを残したいのかをハッキリ伝えてください。






2010 ヒゲ脱毛で失敗しない7つのポイント
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。